インプラント治療

インプラント治療について

インプラントとは
歯を失ったあとに、その失われた歯を補う治療法のことで、天然の歯に最も近い人工歯根を使います。

この治療ではあごの骨に人工歯根(インプラント体)を埋め込み、アバットメント(支台)を接続し、その上に人工の歯冠を被せます。見た目も自然で、入れ歯などとは違い、違和感なく咬むことができます。

インプラントは生体組織に適合しやすいチタン製です。短時間の外科手術(局部麻酔下)であごの骨に埋め込まれたインプラントは、その後、周囲の骨と結合し、強固な土台となります。

インプラント治療のメリット

入れ歯やブリッジなど従来の治療法と比較して、インプラント治療には多くのメリットがあります。
  • 天然歯に近い仕上がり
  • 義歯などしっかり固定、「ずれ」などによる不快感を解消
  • 健康な歯を削る必要なく、周りの歯に負担をかけない
  • 骨吸収の防止に役たち、顔の表情や輪郭を保つ(あごの骨がやせ細るのを防ぐことができる)
  • 自然に咬むことができ、美味しく食べられる
  • 口元を気にせず、自然に話すことができる。

インプラント治療例

歯を一本失った場合

歯を一本失った場合

歯を数本失った場合

歯を数本失った場合

歯を全て失った場合

歯を全て失った場合

インプラント治療の流れ

診査と治療計画の策定
[step1] 診査と治療計画の策定
患者さんの全身状態の問診と口腔内の状態の診査を行います。
あごの骨の量と質を記録するため、お口の中の型を取ると同時にレントゲン・CT撮影を行います。
これらのデータを用いて、一人ひとりの患者さんに適した治療計画を立案します。
※当院では歯科用CTを導入をしておりますので、大きな総合病院に撮影依頼をするのではなく、院内で撮影・診断が可能です。
インプラント体の埋入と治療
[step2] インプラント体の埋入と治療
局部麻酔をかけて、インプラント体を埋め込みます。
インプラント体と骨が結合するまで、期間をおきます。
治癒期間は、インプラント体の種類、骨の健康状態、体調によって異なります。

アバットメント(土台)の装着
[step3] アバットメント(土台)の装着
インプラント部分の精密な型取りを行います。
患者さんに適したアバットメントのデザインを選択し、装着します。

人工歯の装着
[step4] 人工歯の装着
アバットメントに適合し、患者さんの歯の形と色に合わせた人工歯を作ります。
口腔内にぴったりと合うことを確認し、インプラント体の上に取り付けます。

治療後の歯磨きと定期検診
[step5] 治療後の歯磨きと定期検診
天然歯と同様に、よくお手入れしてください。
毎食後、そして、就寝前に、丁寧に歯磨きをしてください。
歯プラシは柔らかいものを使用し、定期的に交換してください。
歯科医師による定期的なメンテナンスを受けてください。